会社情報

会社名 神奈川農業フロンティア株式会社
代表 代表取締役 堀 與志美
所在地 〒243-0213 神奈川県厚木市飯山3830-1
電話番号 046-404-3307

事業への動機づけ

仕業項目 29年
8月
9月 10月 11月 12月 30年
1月
2月 3月 4月 5月 6月
野菜工場の国内事例調査 平成27年度〜平成28年度にかけて国内の優良事例7ケ所を現地調査
野菜工場の実験施設を建設 平成29年度・親会社に120坪の実験施設で調査
地権者への説明会 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
地権者との仮同意書の締結
伐採及び整地作業
地域自治会及び隣接自治会での事業説明会
関係行政機関との打合せ
土地賃貸借契約の締結
第一期ブルーベリー畑の整地作業
地権者での先進地事例視察
第一期ブルーベリー畑の植付け

農園内の土地の利活用

農園内の土地の利活用
2020年1月現在

農園の雑草駆除(山羊)

...
山羊

栽培作目の概要

令和2年工事着手 工事終了 令和元年11月工事着手 令和元年10月工事完了 令和3年工事着手
バジル栽培 ブルーベリー栽培 施設トマト栽培 施設いちご栽培 環境制御型野菜工場
テレビ等で紹介され国内の先進的技術である 国内の先進的企業から技術導入 敷地内で砂利が多く水耕技術を導入 敷地内で砂利が多く水耕技術を導入 初期投資額が高額であるため建設コストの低減化を検討
技術導入する企業と技術提携し首都圏での啓発に努める 販売は国内の大手菓子メーカーとの契約販売を検討 国内の先進的企業から技術導入 国内の先進的企業から技術導入 大手カット野菜企業との取引を交渉している
生産物は国内では需要が多く生産が追いつかない状況にある 省力化を図るため自動灌水装置の導入 販売は首都圏のホテル業界への販売を検討 販売については「もぎとり園」を主体に検討 技術習得までに数年を要するため技術者の研修を実施計画

農場運営での地域との関わり方

農場運営での地域との関わり方
2020年1月現在

ベンチ栽培のいちごハウス

ポット栽培のブルーベリー

建設中のトマトハウス

農園内での野菜の栽培計画

農園内での野菜の栽培計画
2020年1月現在

当社を基軸とした技術供与企業との関連

当社を基軸とした技術供与企業との関連
2020年7月現在